株式会社とっとスタッフ山﨑です。
長岡新聞6月16日に弊社会長桜井がとりあげられました。

今ではあたりまえになっている、長岡市営墓地のフラットな石板張りデザイン。

しかし当初は参道に段差となる縁石が設けられていました。

桜井家での家族そろってお墓詣りの際、ろうそくに火を灯そうと先を争ったお孫さん達が、段差の縁石の為やけどを負ってしまいました。
そこから安全にお墓参りができるよう、市にかけあい市営墓地の現在のフラットデザインを提案しました。

このエピソードが記事として掲載されております。

 

長岡市営墓地をはじめ、墓石のことでしたら、どうぞ株式会社とっとにご相談ください。