株式会社とっとスタッフ山﨑です。

いよいよ師走。なにかと気ぜわしい季節となりました。

しかし、弊社会長桜井の「悠久山ラジオ体操会」の有志の皆さん達は、寒さにめげず、まだまだ頑張って毎朝ラジオ体操を励行しています。

毎朝さもしいまでに布団にかじりついている私としましては、本当に頭が下がる思いです。

上の写真は、まだ明けきらぬ悠久山に、いつものように集まった皆様のワンショット。
このメンバーの中に青木悠さんがいらっしゃいます。青木さんは宮中の歌会始にもお招きを受けた女流歌人。

青木さんがこの写真の情景を歌にされました。

「銀杏紅葉(いちょうもみじ)の秀つ枝(ほつえ)すかして 鎌の月 浮かぶを 仰ぐ心ひとつに」

 


一瞬の情景と皆の想いを、みごとに切り取った素晴らしい一句だと思います。
うっとりしました。