仏壇・墓石・信仰用具の株式会社「とっと」 社長桜井です。

墓じまいってそもそも何?

最近テレビや雑誌、新聞等で聞くようになった「墓じまい」という言葉。
承継者のいないお墓を解体撤去し、更地にして墓地や霊苑などの墓地管理者に返還することを言います。少子化、核家族化の進む現在、「将来無縁墓となる前に」とお考えの方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

墓じまいの費用はどれくらい?

墓じまい工事の価格は以下の条件により変動します。

・墓石の大きさ
墓石の大きさにより解体費、処分費が変動します。

・墓地の広さ
コンクリート基礎部分の大きさが変わりますので、はつり費、処分費がかわります。

・立地条件
重機がはいれない墓地の場合、人力での作業となるなど費用が変動します。

 

墓じまいの前にすること

ご親戚との同意をとりつける
長年お守りしてきたお墓にはいろいろな方の想いがありますので必ずご親戚と相談しましょう。

改葬手続
墓じまいは言い換えればお骨の引っ越しです。改葬手続きが必要になります。
くわしくはこちらをご覧ください。

閉眼供養
墓石の撤去工事前には必ずお墓にお経を読んでもらう閉眼供養が必要となります。菩提寺がない場合「とっと」ではご宗派にあわせてお寺様のご紹介もいたしております。

墓じまいのあとのお骨はどうなるの?
ご寺院の墓地で永代供養墓(合葬墓)がある場合、そこに納める事が一般的です。
「とっと」では菩提寺に永代供養墓がない場合のご相談も承ります。
近年広がっているのが散骨という方法ですが、お骨を永久に手放してしまうことになりますので、心の拠り所をなくすことにもなりかねません。散骨前に十分検討することをお勧めします。

 

おしまいに

お墓の承継者がいるにもかかわらず「子供たちに迷惑をかけたくない」と永代供養墓を選択されたお客様がいらっしゃいました。
そのお父様が亡くなられた後、残されたご家族は「きちんと我が家のお墓を建てて、父を供養したい」と永代墓からお骨を引き取られ新しいお墓に納めました。
納骨のお手伝いにいった折、皆様の明るい表情が心に残っております。
この方の場合、お骨が骨壺で納められた永代供養墓でしたので、お骨を返していただくことができましたが、多くの永代供養墓の場合、他の方のお骨と一緒に合祀されます。そうなりますと取り返しがつきません。

お墓は故人の方のためだけでなく残された方々のためにあるもの・・・おひとりで決めることなくご家族でご検討くださいませ。