お仏壇・お墓・信仰用具の株式会社とっと 社長 桜井です。

みんなお墓っていつ建ててるの?

「お墓っていつ建てるんですか?」という質問をいただくことがございます。お墓を建てる最適な時期はあるのでしょうか?
自動車や洗濯機と違いお墓は一生のお買いもの。先祖代々受け継がれるものですから慎重に考えたいですよね。

まず、お墓を建てるタイミングは大きく二つに分けられます。

(1)生前に建てる
(2) 亡くなった後に建てる

今日は(1)の生前墓石のお話しを致します。

 

寿陵墓(じゅりょうぼ)といわれる縁起のいい生前墓

お墓を早く建てると縁起が悪いとお考えの方がいらっしゃいますが、そもそも生前に建てるお墓は仏教で「寿陵墓」と言われ「長寿」や「家内円満」をもたらす縁起のいいものとされてきました。
また、大きな3つのメリットがあります。

・自分の納得したデザイン、石種で墓石を建立できる。

伝統的な和型墓石やモダンなデザイン墓まで・・・現在お墓のカタチは多種多様。
墓石に使われる御影石も国産や外国産の中からお好みの石を選ぶことが可能です。
そんな現代だからこそ、「とっと」ではお客様のご要望をじっくりお伺いし、ご納得いただける墓石の設計を行います。
また、工場で吟味した品質の御影石の中からご予算やお好みに合わせた石をご提案いたします。

・ご家族へのご負担を軽くできる

身内の方が亡くなった後、悲しみの中遺品整理や相続等ご家族には処理する事が山積。
そんな時、お墓がご用意されていれば精神的、経済的なご負担もずっと軽くなるでしょう。
とっと」では納骨式はもちろん一周忌等の御法要のお手伝いも致します
法事のお手伝いはこちらから

・相続税の負担を軽くできます

お墓は「非課税財産」となるので、相続税の課税対象となりません。
また、お墓の購入は「使用権」となるので、「所有権」で発生する固定資産税や不動産取得税なども掛かることはありません。

以上、生前墓にはたくさんのメリットがあります。

あの人の生前墓

さてさて自分の納得できるお墓を生前用意されていた有名人もたくさんいらっしゃいます。
げげげの鬼太郎」で有名な水木しげるさんもその一人。

水木さんのお墓は調布市富士見町の覚証寺にあります。墓地に入るとねずみ男と鬼太郎がかわいくちょこんと座ったお墓が目に入ります。


水木さんがお墓を建てたのは60代の時、奥様の勧めで建立されたそうです。
お墓には「猫娘」「子泣きじじい」「砂かけ婆」等おなじみのキャラクターが浮き彫りにされ、水木さんの遊び心がいっぱい。
お参りに来たファンの方々はきっと楽しい気持ちで水木さんを偲んでいることでしょう。
93歳の天寿を全うした水木さん。「どうだい?僕の墓」と自慢げな笑顔が目に浮かぶようです。

 

 

 

 

 

仏壇・墓石・お祭り用品 株式会社 とっと

新潟県長岡市三和1丁目3-40
TEL0258-30-1350